20150527084957

チタンのウミガメ?傷ついたウミガメの顎を3Dプリンターで再生。

遊泳中にボートのスクリューによって瀕死になったウミガメ。 負傷してクチバシや顎が半分失ってしまいます。 そんなウミガメを、3Dプリンターで再建治療するプロジェクトが始まりました。   outube.com ウミガメは自然治療するのが難しく、衰弱する前に人工的に助けようということです。     新しい顎を手に入れたカメは「...
e218d501f69378cdf25dc1df606ad662

命を奪わずにサイのツノを作る バイオ3Dプリンタで開発

バイオ3Dプリンタと聞くと、多くの人は血管や臓器をプリントするためのテクノロジーとしてイメージをされるかと思います。 カリフォルニアを拠点とするスタートアップのPembientは、少し違った視点からバイオ3Dプリンタを活用して、社会問題を解決しようとしています。 横行する密猟 絶滅の危機 世界にはブラックマーケットと呼ばれる密輸の市場が存在します。 そのひとつがサイのツノを使った商品です。 現在...
c1782d1077e283a679fd9c8b6fc9f909

脈打つ心臓の細胞を3Dプリンタで作ることに成功

医療の世界で広がりを見せる3Dプリントの技術。 ついにその技術は心臓の鼓動を再現するところにまで到達しようとしています。   oganoidsと名付けられたその細胞はWake Forest Baptist Medical Center’s Institute for Regenerative Medicineと呼ばれるプロジェクトの中から開発されました。 最大の特徴はこれらの...
2015-02-25_0152

有害物質が脳にたまる!?知っておきたい3Dプリンターの健康被害

2020年には世界の出荷台数が20万台を越えると言われている3Dプリンター。 出荷台数の90%はパーソナルタイプと考えられています。 パーソナルタイプの3Dプリンターはプラスチックを溶かして積み重ねていくFDM方式を主に採用しているのですが、実はこのタイプの3Dプリンターは有害な物質を排出している可能性が報告されているのです。 脳に達する有害物質 これから3Dプリンターを普及させていこうとする立場から...
3dprinter_dog_surgical-operation

歩行困難な犬の矯正手術に3Dプリンタを活用

横浜の動物病院が、困難な手術が3Dプリンタで出力したモデルを活用した模擬手術を行ったことで、大幅な時間短縮をしながらも成功しました。     今回の事例では、CT撮影したものを3Dデータ化し、模擬手術を行う際に実物大の骨と同じサイズで出力をしたそうです。   3D技術により、通常は時間のかかる手術が短縮される結果になりました。 時間短縮だけ...
file000423625137

6秒で歯磨き!3Dプリンタ歯科分野での活用事例

医療分野で非常に活用されている3Dプリンタですが、歯科の分野でも様々な事例が登場しています。 たった6秒で歯磨き完了! 3Dプリンタで作るオーダーメイド歯ブラシ(動画あり) ものすごいかたちの歯ブラシです…! 出典 http://www.blizzident.com/   動画はこちらです。 価格は、299ドル(約2万9000円)。 1年毎に交換が必要で、交換に...
3dprinter_Artificial-arm

義手や義足を3Dプリンターで作成。医療分野での活用事例まとめ。

3Dプリンターと医療は相性が良いと言われています。 オーダーメイドだと数百万円する義手も、3Dプリンターだと数千円という価格での作成が可能です。 人によって、容姿が違うので、オーダーメイド・一点ものに強い3Dプリンターはよく使われています。 今までに、義手に関わる記事も書いてきました。 同級生に義手をプレゼント?3Dプリンターを使ったオリジナルの医療器具。 - 3Dプリンターお役立ちニュース ...