original_partition_case_3d_print_05

台所引き出し内部にオリジナルケースを3Dプリント

本日はとある家庭の台所にある引き出しから始まります。どこにでもある引き出しの中に100均で売られているケースが並べられ整理整頓されている状態です。 しかしよく見てみると、ケースが無い状態の場所に物が入れられて、まわりのケースが不安定になっています。この状態では引き出しを動かすたびに中のケースがズレてしまい、細かいものがゴチャゴチャになります。 ここに中途半端なスペースが生まれてしま...
3d_prints_an_accessory_case_08

ちょっとした小物入れも自分で3Dデザイン

大人気の「3Dプリンター✕DIY」シリーズ、今日の話題はオリジナルの小物入れをデザイン&3Dプリントするお話しです。 どこにでもあるようなパネルヒーター。 いつもパネルヒーターの上に手元が来る位置関係で、もしこのパネルヒーターの上に小物入れがあったら物凄く便利な状況だったとします。 そこで3D-CAD(SolidWorks)を使ってパネルヒーターの上面形状に合致させたワンオーダー...
black_pepper_convenient_item_02

こんな些細な悩みも3Dプリンターで解決

皆さんも同じようなことを思ったことはありませんでしょうか? ブラックペッパーミルにはなぜキャップが付いていないのか? ミルの下はむき出しになっているので… 使い終わってテーブルなどに置いた瞬間、残りカスが落ちます(-_-;) そこでSolidWorksを使って、このミルだけに合う専用キャップをモデリング! 3Dプリントはたったの40分。(密度50%設定時) ...
bose_headphone_holder_3dprint_00

専用ヘッドフォンホルダーも簡単に3Dプリント

社内で業務を行う際に音楽を聞くことがありまして、そのたびに愛用しているのがBOSE社製Bluetoothヘッドフォンなのです。 これを簡単に収納し、簡単に取り出せれるような専用ホルダーってのは残念ながらありません。特にオフィスにあるディスクに合わせて設計されたものなぞ絶対に存在しません。 そこで毎度のことながら、無いものは自分でデザインして3Dプリントしてしまえば良い!という発想になるわけです(^_^...
genkei_carbon_3dprinting_01

Genkeiさんで見たカーボン素材3Dプリント

航空宇宙材料やF1のモノコックで使用され、金属よりも丈夫で軽い高級材料であるカーボン素材が3Dプリント素材として登場したのが一昨年のことだったと思いますが、カーボン素材による3Dプリント品を初めて生で拝見しました。 従来のオートクレープで固める炭素繊維強化プラスチックとは異なり、これは熱溶解積層法式3Dプリントを使った製品であるため、綾織などの繊維方向の強度という概念は無さそうですが、炭素繊維が入っているため通...
3d_print_material_sample_plate_01

3Dプリンター素材サンプルプレート作成

お客様と3Dプリントに関する打ち合わせをする際に、便利な3Dプリント素材サンプルプレートを作成しております。 まだまだ色々な素材がありますが、3Dプリントは高価であるがゆえに少しづつ素材サンプルを増やして行きます。 PLA関係はとても簡単ですが、それ以外の素材はかなり苦戦しました。 今回3Dプリントした素材は下記のとおりです。 ・ABSライク(ハイエンド機使用) ・ゴムライク(ハイエンド機使用) ・アクリ...
zoukei1

3Dプリンターに造形を任せて15時間後

とある日、弊社の3Dプリンター1号機であるMF-1050でABS樹脂を使った3Dプリントを行っていたのですが、造形時間が27時間程度の長時間造形であったため造形の送りをかけた状態で外出、15時間後に戻ってきたらこうなっていました(笑) タイミングベルトに絡まって致命的なトラブルになっていなかったのが不幸中の幸いです。鳥の巣くらいにしか使えませんので鳥にプレゼントしたい気分。 原因はわかっていまして、ベ...
photo1

熱溶解積層法式3Dプリンタの品質はスライサーによって決まると言っても過言ではない

スライサーとは3Dモデルを薄い輪切りにスライスしてGコードというプログラムに変換するソフトのことです。 前回熱溶解積層法式と光造形方式による3Dプリントの精度差について解説致しましたが、今回は同じ熱溶解積層法式でも、スライサーによって見た目や樹脂の充填にどれくらい差が出るかの検証です。 3Dプリンターの精度はハードウェアも重要ですが、それ以上にGコードを吐き出すスライサーソフトの性能も重要です。 ...
plastic_model_parts_04

プラモデル部品だって高精細3Dプリント

今日は先日行ったプラモデル部品の3Dモデリング&3Dプリントをご紹介したいと思います。 最初にお客様から持ち込まれた部品があり(写真を撮り忘れてしまいまして申し訳ございません)プラモデルのパーツの一部でした。 既存のパーツの円柱部分の位置関係が悪いようで、このパーツを使う多くのユーザーが全く同じ不満を抱えているようで、お客様からのご指定で円柱部分を既存の位置より3mm外側に移動し使い勝手を良くしました。 ...
oculus_dk2_02

Oculus Rift DK2を体験

弊社事務所があるSHAREオフィスでOculus Rift DK2を体験する機会がありまして、体験させて頂きました。 もともと弊社杉本が所有していたDK1と箱を比較してみました。DK1はプラスチック製のシッカリした専用ケースに入っているのに対してDK2はダンボール製の簡易的なケースです。 本体形状はDK1と比較して丸みを帯びた形状になっています。 本体形状はDK1と比較して丸みを帯びた形状になっ...
wheelchair_pierce_mass_production_color_03

デコ杖&車いすピアス大量3Dプリント(着色編)

(写真:mvp-creative-japan様) 前回のビジネスブログでご紹介させて頂きましたデコ杖ピアス及び車いすピアス大量生産のお話。今回は着色編ということで粉末焼結方式SLS法のプリント品に着色する様子をご紹介したいと思います。 着色はmvp-creative-japan様で行い、同社から頂きました写真を使用させて頂いております。 とてもキレイに着色されたデコ杖ピアス。着色のレシピはまだ公開されて...
wheelchair_pierce_mass_production_03

デコ杖&車いすピアス大量3Dプリント(プリント編)

以前よりお伝えしておりますmvp-creative-japanさんのデコ杖ピアス及び車いすピアスの3Dプリント。今回は大量生産編としてご紹介したいと思います。 とても不思議な光景です。デジタルファブリケーションならではのこの整列具合にとても萌えます(笑) 3Dプリントは、粉末焼結方式SLS法(Selective Laser Sintering)によって行っています。 造形個数は720個!全て...