オフィス機器などを扱う株式会社ニッポーが、家庭用のパーソナル3Dプリンタ「遊作くん」を2014年8月8日に発売することを発表しました。

3Dプリンタ_遊作くん

国内生産かつ日本語ソフトに対応した3Dプリンタです。
外寸は250×300×350mmと小型で、最大造形サイズは100×100×100mmになっています。
最小積層ピッチはo.5mm、細かな造形も可能なようですね。

3Dプリンタ_遊作くん

PLAのフィラメントを使用しており、カラーは9色。

3Dプリンタ_遊作くん

遊作くんは、造形中に造形物がベッド(造形テーブル)から離れないようにするための独自の造形定着シートを使用しており、縁取りなしの造形が可能になっています。(3Dプリントの際、造形物を定着させるために造形物の設置面よりも一回り大きく縁取りをして造形を開始することが一般的です)
販売価格はオープン、今後組み立てキットも販売予定だそうです。

国内メーカーの3Dプリンタがまた新たに登場しました。
日本語対応やサポートは国内メーカーの魅力です。今後組み立てキットの発売も楽しみですね。

-Source-
遊作くん プレスリリース

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」