オンラインでアパレルアイテムを作ることができるサービス「STARted」が、インダストリアルデザイナー小野正晴氏、東京大学大学院の大嶋泰介氏と共同で、プロトタイプ「3D Normcocre」(3Dノームコア)を発表しました。

3D Normcocreは3Dプリンタを使った服の量産化に向けて共同開発された、世界初のオーセチック構造と布生地を縫製するプロトタイプ。

オーセチック構造によって、3D構造物の表面に構造計算されたパターンを付与することで「素材ではなく構造による柔軟さと弾性のあるしなやかさを持った状態」が作り出されています。

3D Normcocre
3D Normcocre

ノームコアは、normalとcoreを合わせた造語で、「究極の普通」を意味します。
近年ファッション業界では、シンプルで自分らしさを表現するスタイルとして注目されています。

3Dプリンタで作った衣装や、ファッションショーで登場する奇抜な3Dプリント衣装はたびたびニュースにもなりましたが、今回は普通に着ることができるしなやかなプラスチックの服です。
製造も通常のアパレル工業ラインで行われており、量産を前提とした製造方法がとなっているそうです。

今後開発を進め、2016年内には3Dプリンタで出力する服の量産販売が予定されているとのことです。

3D Normcocre

 

プレスリリース

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」