いま、子どもの習い事として「プログラミングが学べる教室」が注目を集めています。
生まれた時からインターネットが当たり前にあり、パソコンやスマートフォンが身近なデジタルネイティブ世代にとって、これらを使いこなすことは未来を生きるために必要になります。
そして、プログラマーをはじめ技術者の需要は今後も増加していくでしょう。
そんな中、デジタルなものづくりを体験したり、また論理思考や問題解決力を養うために、子どものうちからプログラミングが体験できる教室やサービスが近年続々とオープンしています。

 

そもそも、プログラミングって何?

プログラミング(programming)とは、簡単に言うと「(コンピュータを動かす)プログラムを作ること」です。
プログラムはコンピュータを動かすために「指示」です。
コンピュータはプログラムに従って動かすことができます。
そして、プログラムを記述する人のことを「プログラマー」といいます。

 

programming

 

プログラミングが子どもたちの可能性を広げる!

うーん、プログラミングって、難しそうだし、専門的過ぎるんじゃ。。
と思われるかもしれませんが、実はプログラミングを学ぶことには様々なメリットがあります。

  • 自分のアイデアをかたちにして表現できる
  • 論理思考が身につく
  • 問題解決力が身につく
  • 将来仕事に活かすことができる(プログラマーにならなくとも、学んだスキルを活かす機会はあるでしょう)

programming_2

 

どこで学べるの?

短期集中で学べるキャンプやオンライン講座など、様々なコースがあります。

小学生向け

中学・高校生向け

今回ご紹介したのは子ども向けのスクールですが、社会人の方向けのプログラミング教室もあります。
通いながら学ぶ教室の他、オンラインで参加できる講座もあり、自分のペースに合わせて学ぶことが可能です。

「もう少しプログラミングについて詳しく知りたい!」という方は、最初はオンラインで無料で学べるドットインストールがオススメです。

あなたにオススメの記事

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」