小学校の授業風景と言えば、先生が黒板にチョークで文字を書き、それを鉛筆でノートに書き写す様子が思い浮かびます。
しかしそれも今は昔の話。近年、情報通信技術を取り入れる「ICT教育」を導入する学校がでてきてます。

多摩市立愛和小学校では、iPadを一人一台導入し、ICTを活用した学校として有名な小学校です。
生徒一人一台とは、充実しています。大人が聞いても羨ましいですね。

そしてそのiPadやレゴブロックを活用したプログラミングの授業、さらに児童のノートをオンライン共有するなど、ICTを活用した先端の教育が展開されています。もし小学生時代に戻れるなら、ぜひ授業を受けてみたいですね。

そして、なんと「iPad卒業証書」を送ったことが話題になりました。

小学校の卒業証書は、多くの場合新しい生活が始まると同時に本棚やクローゼットの奥すみに置かれてしまうかもしれませんが、iPadであれば卒業後も毎日活用できます。学校で学んだことや思い出が詰まったiPadなら大切に使いたいですね。

ちなみに、この多摩市立愛和小学校では授業公開も頻繁に行われています。
ICT教育にご興味のある方はご参加してみては。

あなたにオススメの記事

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」