デジタルなものづくりができるカフェ「FabCafe」などで知られるロフトワークが、デジタルファブリケーションマシンも常設された新たなクリエイター向けのコワーキング「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」を今年秋にオープンすることを発表しました。

3Dプリンタはもちろんレーザーカッターなど、ものづくりに必要な工作機器が揃っていおり、ドロップインで「1分10円」で利用できるという点が特徴的です。

MTRL_KYOTO_2

また、施設自体は築110年の3階建ての一軒家を改装されているとのことで、京都ならではのおもむきも感じられそうです。

自身のものづくりの場として、クリエイター同士の交流の場として、京都でのものづくりが盛り上がっていってほしいですね。

オープンは10月11月末(※)予定とのことです。
その歴史も古く伝統的な技術が数多くある京都だからこそ、クリエイターや最新テクノロジーと融合して生まれる新しいプロダクトに期待できそうです。
オープンの延期が発表されました

プレスリリース

あなたにオススメの記事

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」