株式会社ミマキエンジニアリングが、新しく3Dプリンター事業に参入しました。

事業内容は、3Dプリンターの開発と出力サービス。

注目すべきポイントは、造形物が1,000万色の色表現。

projetシリーズで39万色、紙の3Dプリンターで100万色前後だと言われています。

20150521234108

こちらが実際に造形したものですが、めちゃくちゃキレイな造形品です。

以下、引用。

4色のUV硬化インクを搭載し、世界で初めて約1,000万色のフルカラー造形を可能にしました。独自開発の技術により4色のカラーインクで造形することで、これまでにない色鮮やかで美しいフルカラー造形を実現します。

1,000万色は世界初だと言われております。

造形素材はなんなんでしょう。見た記事では、フルカラー造形物としか描いてなかったため、素材に関してはまだ不明です。

2Dの印刷業だったので、紙の素材の可能性もあります。

※こちらが紙の3Dプリンター「Mcor iris」

色は表現されますが、細かい部分は製造できません。

20150521235439

 

でしょうか?

サービス開始予定は今年の8月になります。料金は未定。

【参入にあたり、注目したいポイント】

・ミマキエンジニアリングは上場企業である

・2Dプリンターなどの印刷サービス・開発を行っている。

・1,000万色のインクジェットは世界初

・大手企業の3Dプリンター業界参入は珍しい

それにしても大手企業が3Dプリンター業界に参入するのは珍しいですね。

www.blog.3day-printer.com

3Dプリンター業界にとって追い風になれればと思います。

今後の。ミマキエンジニアリングに期待です!

 

■参考記事

3Dプリンタ事業への参入と出力サービス開始のお知らせ | お知らせ | 新着情報 | 株式会社ミマキエンジニアリング

ミマキエンジニアリングが買い気配、3Dプリンタ事業に参入 | 個別株 – 株探ニュース
 
 

この記事を書いた人

3Dayプリンター
3dayprinter

3Dが3日で目の前に。
業界最速クラス3Dプリントサービスです。
3Dayプリンター公式HP
関連記事
【インタビュー】最速・格安での3Dプリントを提供する「3Dayプリンター」代表・濱中氏に迫る!

本記事は3Dayプリンター様の許可を得て転載しています。

あなたにオススメの記事

About The Author

3Dayプリンター

3Dが3日で目の前に。 業界最速クラス3Dプリントサービスです。 関連記事 【インタビュー】最速・格安での3Dプリントを提供する「3Dayプリンター」代表・濱中氏に迫る!
 http://3dnavi.jp/magazine/20140812/