昨年夏に開催され、ホンダチームの優勝で幕を閉じたFabCafe主催のFabミニ四駆カップ。3Dプリンタやレーザーカッターを駆使した手作りミニ四駆で大人が真剣勝負を繰り広げるこの大会、第二回の開催が4月29日に決定しました。今回も優勝者にはi.materialise特製トロフィー(もちろん3Dプリンタ製!)が贈られます。更にレース出場用のミニ四駆を3Dプリントしたい方には嬉しい特別割引もご用意。詳しくは続きをご覧ください。

4_i.materialise-3D-printed-trophies
去年のFabbミニ四駆カップの様子

今回もビギナー、カルFab、マジFabの三つのクラスが用意されているこの大会。初心者の方はちょっとしたカスタマイズを加えるだけ、上級者の方はミニ四駆全体を3Dプリントなどで手作りするなど、それぞれのレベルに合った楽しみ方ができるはず。

1_workshop-by-Shuminova
前回のビギナー向けミニ四駆ワークショップの様子

shark-mini-4wd
一方Fab上級者の武井さんはこんなに凝ったミニ四駆を手作りしていました!

Fabミニ四駆カップ 2015 Springの開催概要は以下の通り。

日時:2015年4月29日(水曜日・祝日)
場所:コクヨ  エコライブオフィス品川内スペース

上級者の集まるマジFabクラスの優勝者には、前回と同じくi.materialiseで3Dプリントした特製トロフィーを贈呈。「ライトウエイト」と呼ばれる網目のようなデザインが印象的なこのトロフィー、今回受取るチャンピオンは誰になるのか今から楽しみです!

trophy-for-mini-4wd-cup
勝者には今年もこの3Dプリンタ製トロフィーを贈呈!

その他にも「Fabミニ四駆カップ台湾大会出場権」、3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0A」など賞品は前回よりも更にグレードアップ。これはレース出場者のモチベーションも上がりそうですね。

prizes-maji-fab-karu-fab-mini4wd-cup
台湾旅行や3Dプリンタなど、賞品もかなりグレードアップ!

本番に向けてレースの準備をしたい方には、走行会やミニ四駆3Dモデリングのワークショップへの参加もおすすめ。Facebookの専用グループに参加すれば、ミニ四駆シャーシ部分のSTLファイルをダウンロードしたり、お互いのミニ四駆作りの進歩を報告しあったりもできます。

auto
Autodesk Fusion360ワークショップは4月8日開催。

手作りミニ四駆作りに3Dプリントを利用したいと考えている皆様へは、特別割引もご用意しています。i.materialiseを通じてFabミニ四駆カップ出場用のパーツやボディを出力したい方は、ポリアミドアルマイドラバーライクプライムグレイの四つの素材が10%オフになります!詳しくはFabCafeイベントページでご確認ください。

今年も皆さんの熱い「手作りミニ四駆」レースを期待しています!

 

 

この記事を書いた人

i.materialise
i.materialise
i.materialiseはベルギー発のオンライン3Dプリントサービス。
高品質なプリントと、17種類から選べる素材のバラエティが特徴です。
i.materialise公式HP

本記事はi.materialise様の許可を得て転載しています。

あなたにオススメの記事

About The Author

i.materialise

i.materialiseはベルギー発のオンライン3Dプリントサービス。 高品質なプリントと、17種類から選べる素材のバラエティが特徴です。