ビジュアル・コミュニケーション事業を展開する株式会社アマナが、2014年11月29日(土)~30日(日)に六本木ヒルズ展望台にて開催される「BERLIN x TOKYO | デザイン・アート・カルチャー展」で、3Dプリンタファッションのエキシビション含む最新テクノロジーとアートを融合させた3作品を展示することを発表しました。

同社は3つのエキシビション「Hydroid x 3D printing (iJet) x Fashion」「Machine with Cameras」「amana×ARART」を展開します。
やはり注目なのは「Hydroid x 3D printing (iJet) x Fashion」ですよね。
未来のファッションの可能性を体感できる内容になっており、15時~21時には着装エキシビションもあるそうです。

「Hydroid x 3D printing (iJet) x Fashion」
3dprinter_fashion

「Machine with Cameras」
Machine with Cameras

「amana×ARART」
amana×ARART

 

3Dプリンタで作られるファッションについては、度々話題になっています。
3Dプリンタで作るものと言うと、フィギュアやiPhoneケース、部品などを想像される方が多いかと思いますが、実はファッション業界でも3Dプリント技術が取り入れられています。
例えば、有名なケースでは、世界的なシューズブランド「ユナイテッドヌード」が3D Systems社と共同で3Dプリンタで出力可能なシューズを発表したり、衣類を出力できる3Dプリンタも開発されています。

nyc-3d-printing-v02_09
出典 http://www.unitednude.com/

fashion_3dprinter
出典 https://medium.com/

 

イベントは 2014年11月29日(土)~30日(日)の2日間にわたって、 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー (52階屋内展望フロア)で行われます。
その他詳細については、「BERLIN x TOKYO」のウェブサイトをご覧ください。

話題の3Dプリンタファッション、間近で見ることができる貴重な機会ですね。
3Dプリンタ製の洋服や靴が利用しやすくなれば、体型や好みに合わせて究極のカスタマイズができたり、病気等の理由で一般的なサイズの洋服や靴が利用できない方でも自分にあったものをより手に入れやすくなるのではないでしょうか。

 

-Source-
3Dプリンターから生み出されたファッションなど テクノロジーとアート表現を融合した3作品を出展

 

 

 

あなたにオススメの記事

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」