女性向けセレクトショップの「アーバンリサーチロッソ」が、iBeaconと3Dプリンタで製作した情報発信端末を、11月22日開業の新商業施設「グランツリー武蔵小杉」内の新店舗にて展開することを発表しました。

そもそも、iBeaconとはAppleのiOS7から使えるようになったBluetooth Low Energyを利用した新技術です。iBeaconを活用したアプリは様々な企業でマーケティングなどに活用されており、注目を集めています。

アーバンリサーチロッソのグランツリー武蔵小杉では、店長・河野さんの3DプリンタフィギュアとiBeaconを融合させた端末を店頭に設置。
実際に店頭にいる店長さんと全く同じ姿のフィギュア。インパクトありますね!
3dprinter_figure_ibeacon
約50万ダウンロードを誇る自社アプリ「UR STYLE」を窓口にして、この端末からBluetoothで地域の情報やオススメスポット、コーディネートなどを店長の河野さんが紹介してくれるようになっているそうです。
このような試みは、業界初だそう。

3dprinter_figure_ibeacon

「iBeacon」や「情報発信端末」と言うと難しそうに聞こえますが、こうやって可愛いフィギュアになっていると、近寄ってよく見てみたくなったり、アプリも使ってみたくなりますね。
注目されるiBeaconですが、3Dプリンタと合わせた活用にも期待できそうです!

 

-Source-
セレクトショップ「アーバンリサーチロッソ」iBeacon x 3Dプリンタ使用で新しいオムニチャネルの提案

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」