人間が生きて行くうえで無くてはならないものの1つ、それは「食べ物」。
でも、毎日の食事の準備は大変だったり、いつもと同じメニューで飽きてしまったり、日々食事のことで頭を悩ませる方も多いのでは。
現在、世界中で3Dプリンタを活用した食べ物についての事例があり、料理をもっと便利に、食事をもっと楽しくするアイテムや、直接料理を作ってしまう3Dプリンタまで、様々なものが登場しています。

「これも食べられるの!?」と思わずびっくりしてしまうような、3Dプリンタを活用して作られた食べ物を、初級編・中級編・上級編の3段階でご紹介します。

 

初級編

最初にご紹介するのは3Dプリンタで形成された砂糖
一つ一つとても繊細で美しいです。

3D_Printed_Sugar_Cubes_Coffee
出典  http://the-sugar-lab.com

そのまま飲み物にいれて良し、

3D_Printed_Sugar_Coctail_Lattice
出典  http://the-sugar-lab.com

あるいは最初からコップに入れておき、その上から飲み物を注ぐのも良し。目でも楽しめます!

3D_Printed_Wedding_Cake
出典  http://the-sugar-lab.com

ケーキの飾り付けにも。ウエディングなど、オリジナルケーキを用意したいイベントにはぴったりです。

 

続いてはチョコレート

最近は、チョコレートをそのまま出力できる3Dプリンタが登場しており、「型をとって冷やす」のではなく、作りたい形をそのままチョコレートで再現できるようになりました。

chocolate_3dprinter
出典  http://www.opt-techno.com

細かな模様や形もチョコレートで表現することができます。

chocolate_3dprinter
出典  http://www.opt-techno.com

もちろん、立体的なチョコレートも造形可能です。
メッセージや似顔絵など色んなチョコレートが作れそうです!

chocolate_3dprinter
出典  http://www.opt-techno.com

 

中級編

続いてはグミ

こちらは、渋谷のFabCafeで行われたイベント「ものづくり男子限定!ホワイトデー3Dワークショップ ”男グミ”」のもので、全身を3Dスキャンして3Dプリンタで自分の型を作り、そこからグミを流し込む型を成形して作られているそうです。

3dprinter_gummy_human
出典  http://tokyo.fabcafe.com

グミなので、もちろんグニャッと曲がります。食べるのがもったいない!

3dprinter_gummy_human
出典  http://tokyo.fabcafe.com

最近は、さまざまな場所で3Dスキャンが体験できるようになっていますが、自分の全身3Dスキャンをする機会がある方は、自分の型を作ってグミだけでなくチョコやキャラメルなどで「自分スイーツ作り」に挑戦してみるのも面白いですね!

 

上級編

上級編では、3Dプリンタで作る食事をご紹介。
とぐろを巻くように生地を形作り、ソースとチーズを乗せて焼いたら…ピザのできあがり。

3dprinter_pizza
出典  http://www.naturalmachines.com

3dprinter_pizza
出典  http://www.naturalmachines.com

3dprinter_pizza
出典  http://www.naturalmachines.com

一見とてもシンプルですが、いざピザを作るとなると、きれいに丸く生地を作れなかったり、何枚も作るとなると面倒だったりします。

3dprinter_pizza
出典  http://www.naturalmachines.com

また、ピザと同じような作り方で、ハンバーガーも。

3dprinter_humberger
出典  http://www.naturalmachines.com

ペースト状のパティを丸く出力して焼き上げます。
こちらも、一つ一つ手で丸くこねていくのは大変ですが、このように出力してくれたら手間も省けます。

3dprinter_humberger
出典  http://www.naturalmachines.com

 

初級編・中級編でご紹介したスイーツは、贈り物やイベントなど色んなシーンで利用できそうで、楽しみが広がりますね!
上級編の食べ物は、「わざわざ3Dプリンタで作らなくても店で買えるのでは」と思われた方もいるかもしれません。

都市部に住んでいると、24時間営業している飲食店やコンビニも近くにあって、いつでも調理された料理を食べることができます。
しかし、周囲に店が無い場所は、なかなかそうもいきません。また、健康維持のために塩分量などを調整したい、好みの味付けが良いなどの理由で外食をしたくないというニーズもあるのでは。

そういった時に、自分が食べたい物をいつでも簡単に手に入れることができるフード3Dプリンタが活躍するのではないかと思います。

実際に、カスタマイズした食べ物を作ることができるという利点を活かして、3Dプリンタで作る機内食も考案されています。
(参考 3Dプリンタで機内食を自分好みにカスタマイズ?インドの学生によるプロジェクト)

子供の頃に興奮したSF映画の世界のように、機械のボタンをポチッと押せば好きな食べ物がでてくる、という未来に近づいているのではないでしょうか!

あなたにオススメの記事

About The Author

3D Navi

3D出力サービスや家庭用(パーソナル)3Dプリンタの検索・比較ができる国内最大級の情報サイト「3D Navi」